鋼栄エンジニアリングホーム  >  金物・金属工事

金物・金属工事 施工事例紹介 製品紹介

下水道事業団仕様アルミ手摺

上下水道用アルミ合金製 軽量蓋 KEカバー

FRPハニカム覆蓋 上・下水道集落排水処理場用蓋

二相ステンレス鋼製 太陽電池用架台事業

金物・金属工事

金物・金属工事の設計・製造・施工を一貫して行います

金物・金属工事の設計・製造・施工を一貫して行うことにより、コストの削減、納期の短縮を可能にしました。

鋼栄エンジニアリングは金物・金属工事を設計から製造、施工まで一貫して行います。
これにより、皆さまにコストの削減と納期の短縮をご提供出来ます。

また、長期間使用でき、環境に優しい材料を選び、設計・施工しております。
納品後のメンテナンス作業の軽減、材料のリサイクルまで考えた施工を心掛けております。

金物・金属工事の事なら鋼栄エンジニアリングにお気軽にご相談ください。

ご依頼から施工まで

TEL:048-287-1577お問い合わせはこちら

取扱金物・金属について

アルミニウムの特徴:長寿命化に最適

耐食性 無色透明な酸化皮膜を表面に形成させるアルマイト処理により、美しい銀白色の金属光沢を保持したまま耐食性、耐摩耗性を飛躍的に改善させることができる。
大気中で自然に耐食性のよい酸化皮膜が形成され、自己防護するので優れた耐食性を持っている。
鉄鋼のように赤さびを生ずることがない。
軽量 アルミニウムは密度が銅や鉄の約1/3であり、航空機、船舶、車輌などの交通機関、建築、土木などの分野で軽量化に役立っている。
リサイクル性 スクラップの再生が他の金属に比べ非常に容易で、スクラップ価値が高い。
このため資源の有効活用、廃棄物公害防止に役立っている。

アルミニウム造 建築基準法関係告示 国土交通省告示第1024号に記載されております。

ステンレスの特徴:[STAIN]=しみ、よごれ [LESS]=より少ない、いっそう少ない

耐食性 耐食性はステンレス鋼の最大の特徴であり、大気中や水中で鉄やアルミよりも優れる。
鋼種が豊富であり、厳しい腐食環境でも耐えるものを選ぶことができる。
加工性 金属特有の良好な加工成形性を持つ。ただし、アルミや銅より硬く、スプリングバックが大きい。
素形材加工(鋳造や射出成形)が可能であるが、プラスチックやアルミに比べてやや難しい。
リサイクル性 100%再利用することが出来る。

鋼栄エンジニアリング株式会社:ページの先頭へ戻る