下水道事業団仕様アルミ手摺設計、施工の埼玉県川口市の鋼栄エンジニアリング

下水道事業団仕様アルミ手摺


Aluminum Handrail

鋼栄エンジニアリングが手掛ける、高品質の下水道事業団仕様アルミ手摺。
お客様のニーズに合わせた製品・技術をご提案します。

弊社では金物・金属工事の設計・製造・施工を一貫して行うことにより、コストの削減、納期の短縮を可能にしました。
また、長期間使用でき、環境に優しい材料を選び、設計・施工しております。
納品後のメンテナンス作業の軽減、材料のリサイクルまで考えた施工を心掛けております。
金物・金属工事の事なら鋼栄エンジニアリングにお気軽にご相談ください。

基礎

日本下水道事業団 下水道施設標準図(詳細) 土木・建築・建築設備(機械)編(平成15年版)
アルミ手摺PDF資料

設計条件

仕  様 条  件 基  準
形  状 防護柵の高さ 歩廊面より1100mm標準とする
支柱間隔 1800mm又は2000mm
手摺間隔 @150
設計推力 水平 1.5kN/m
垂直 1.0kN/m
表面処理 陽極酸化皮膜 9μ以上
透明合成樹脂塗料 12μ以上
たわみ 等分布荷重 500N/m 1/500以下かつ5mm以下
局部荷重 500N 1/100以下
048-287-1577
ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ
メールでのお問い合わせ

施工事例紹介/Works